29年度始まりました!
2017 / 04 / 23 ( Sun )
29年度たぐ親子の会始まりました。
4月17日(月)2,3、才向け親子ふれあいあそびの会「このゆびとまれ」開催しました。
DSC_1115.jpg
まだ2才枠も3才枠も定員ではないので、興味がある方、同じ地域でお友だちを作りたい方、わらべうたあそびに興味がある方などなど是非遊びに来てください♪


たぐのあそびの会、未就園児や小学生の会ともに「わらべうた」を大切にしています。
「わらべうた」
昔昔・・・子どもの遊びの中からうまれたり、大人が子どもに躾や大切なことを伝えるためにうまれたわらべうたが時代を超えて伝わっています。子どもの心を豊かに育むわらべうたが近年見直され保育の現場や育児にも取り入れる取り組みがあります。わらべうたの良さってなんでしょうか・・・・。


~赤ちゃんからのわらべうた~
              
♪さわってもらうことで、自分の体を知る

赤ちゃんは自分の体の感覚がまだ未熟なため、どこからどこまでが自分の体かがわかりません。わらべうたには赤ちゃんの体の色々な部分にやさしくふれながらうたうものがたくさんあります。ふれ合うことで自分の体の境界線を知っていき、それが自分自身を知ることにつながっていきます。

♪親子の信頼関係を深める

うたってふれ合うことで赤ちゃんは愛されていることを感じ、お母さんはうたうことで心が落ち着きます。

♪思わず口ずさみたくなる

わらべうたは子どもの日常、季節のことをうたったものが多くあります。お風呂の時、おむつ換えの時、お散歩のときなど子育てを楽しくしてくれます。音域が狭く,子どもの声帯にもやさしいので,子どもたちもふと言葉やうたがでるようになります。

♪まねっこの大切さ

わらべうたには仕草を楽しむものがたくさんあります。大人の仕草をみるだけだった赤ちゃんも次第にまねができるようになっていき、自分でもまねしてできるようになることが満足につながっていき赤ちゃんの心の育ちを向上ささせていきます。

~ちょっと大きくなってからのわらべうた~

♪体の発達を促すわらべうた

歩くようになり、くるくる回ってみたり、ジャンプしたりなど子どもは色々な体の動きにチャレンジするようになっていきます。そんな時に動きに合ったわらべうたをそえることで、子どもの楽しさは高まり、それが体の発達へとつながっていきます。


♪相手の目をみることの大切さを学ぶ

わらべうたには相手と向かい合い遊ぶものが多くあります。わたべうたは人と向き合い、相手の目をみることの大切さを遊びを通して教えてくれます。

♪仲間意識を少しずつ深めていく

一緒にうたったり、輪になって手を繋いだりなど、わらべうた遊びを通して友だちとふれあうことの楽しさ、共通の体験をする喜びをすこしずつ味わえるようになってきます。


♪子ども同士で遊び学んでいく

4,5才そして小学生になるにつれ、鬼あそび,人あて遊び,門くぐりあそびなどのわらべうたあそびを子ども同士で楽しめるようになっていきます。その中でルールを守ることや協力し合うことの大切さ、我慢の必要性、勝つ事の嬉しさ、負ける事の悔しさなど様々な感情を味わい経験を重ねながら社会性、協調性が少しずつ育っていきます。




元気な子,恥ずかしがり屋さん,のんびり屋さん・・・色々なタイプの子どもがいます。
「みんなちがってみんないい!」
1人ひとりの子どもの成長を地域のみんなで喜び合い,温かく見守っていけるような会にしたいとTagは思っています。
そして、子どもだけではなく,お母さん1人ひとりもほっとできるような笑顔あふれる場所になってくれたら・・・と願っています。


今年度も地域のたくさんの子どもやお母さん方と楽しく過ごせたらと思っています。
親子の会、その他親子イベント、小学生の会などの日程はホームページに載せてあります。
ご参加お待ちしています♪

ホームページ http://tagkodomo.web.fc2.com/















スポンサーサイト
06 : 33 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<29年度小学校トワイライトスクール「たぐ あそびの教室」開始! | ホーム | 春のおはなし会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://asaeakomachi.blog.fc2.com/tb.php/399-825d97cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |