運動神経がよくなる本
2014 / 01 / 09 ( Thu )
山梨大学 人間学部教授中村和彦著 の

(2004~2009年NHK教育テレビ「からだであそぼう」を監修されてた方  )
「運動神経がよくなる本」

本1

小学生の子ども達も手を出したくなるようなタイトルですよね

これは私が,「遊び」が子どもにとって,いかに大切かを伝えたくて,
それを裏付けようと色々物色している本達の中で出会った一冊です。


先日Tagで遊んだ「まりつき」で,なかなかできない多くの子ども達をみて感じたこと・・・

「あぁ体の動かし方がわからないんだな。」

それはその子が運動神経が悪いとかじゃなくて,ただ単にやったことがないからだと思います。

これは「まりつき」だけに限りません。


中村さんの本の中で,私の目をひいた一部の文章をまとめさせていただきます。

・現代の子ども達の特徴として
習い事,学習塾で忙しく,携帯ゲームの急速な普及や空地,公園などの遊び場の減少,子ども達を狙った犯罪も多くなり,昔のように気軽に外遊びができていない。

・子どもが楽しく遊ぶためには,三つの「間」すなわち「時間」「空間」「仲間」の三つが必要。しかし,生活環境の変化によって,この三つの間が激減したことで子ども達は遊ばなくなった,つまり体を動かさなくなった。


・一番体を動かさなければいけない時期に,遊ばなくてはいけない時期の体を動かしていない子どもが多い。


・色々な遊びを繰り返す事で,「投げる」「跳ぶ」「走る」「ける」などの様々な運動の基本が自然に身に付きます。
遊びが主に「ゲーム」に置き換わった現代の子達に基本的な動きの「未学習」が「未発達」を招いている。
そして体力,運動能力の低下が目立ってきている。

・動きの未経験から信じられない怪我が多発している。

などとありました。


自分が大人になって,仕事をする上で,育児・家事をする上で「体力」の必要性をひしひしと実感することが多いです

疲れると気持ちも落ち込みやすく,イライラもしやすいし,損する事多く感じます

余談ですが,私の夫は仕事の休憩時間にプールに行って泳いで,仕事から帰宅した後に趣味のキックボクシングをして,その後遅くまで本を読んだり,テレビをみたり・・・。休日は草野球した後に子ども達と遊びにい行ったり・・・
本当にタフでうらやましいです
私ももっともっと体力があれば一日にもっと色々な事ができるのに~
楽しめるのにと心底羨ましく思う事があります。(年齢とともにしみじみ思います

そして今の中高年,高齢者の方のタフさ,アクティブさも目をみはるものがありますよね
この本でもこういった方々は子どもの頃の遊びや家の手伝いを通して,存分に体を動かしているため,その心地よさを知っているためと書かれていました。



この本では「運動神経がよくなる36の動作」というものを勧めています。

どんな動作なんだろう
と特別な動作を想像し,わくわくしていたら・・・

いたってシンプル。
立つ~水に浮くまで(起きる,転がる,わたるなど)の9種類のバランス系の動作
歩く~泳ぐまで(跳ねる,走る,のぼるなど)の9種類の移動系の動作
持つ~倒すまで(おす,投げる,あてるなど)の18種類の操作系動作
で成り立ってます。

これを遊びに取り入れたり,ゲーム性をもって行って繰り返し動作を行う事によって,体を上手に動かせるようになっていく。
様々な動きを習得することで,「走る」「跳ぶ」「投げる」といった基礎的な運動能力が高まり,体のバランスのとり方,敏速な身のこなし方,自己防衛機能など,遊びやスポーツ,生活動作に欠かせない能力を育てる事ができる。


色々な動きのパターンを「経験」する事が大切だとのこと。



簡単な動作じゃ~んって思えますが・・・
でもこれができなかったり,やってない子どもが多いというのが現実なんですよね。


Tagがしている遊び,私たちが昔してきた遊び,
昔から伝わるわらべ歌遊びなど,考えてみると1つの遊びに,この動作がいくつか入っていたりします。

そして,遊びの中で,体力や,運動能力が向上するだけではなく,
負けることの口惜しさ,できなかった事ができる喜びと自信,
年齢,性別の違う友達(集団)とのコミュニケーション能力や臨機応変に考えなくてはいけない柔軟性,
など私たちが社会に出て必要とされる事がたくさん詰まっていると感じます。

遊びって楽しいだけじゃないのよね

と改めて


大人が子ども達に
「なんでこんな事もできないの?」
「いまどきの子は・・・」
と言う前に,大人がしなくてはいけない事は沢山あるのでは・・・と思うのでした
スポンサーサイト
12 : 25 : 32 | スタッフの小部屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
遊びとリズム
2013 / 12 / 03 ( Tue )
師走




この響きだけで、何だかとても慌しい気分になりますね

子供たちには、イベント盛りだくさんのいい時期ですけど





最近息子が大なわにハマっています



ついこの間まで、なわに上手く入っていけずモジモジしていたのが、ある時急に飛べるようになり大はしゃぎです\(^o^)/

特に教えたわけでもないのですが、みんなが飛ぶ姿をじっと見てコツをつかんだのか、流れにのって入れるようになりました。





回し手のスピードに合わせて

なわの動きを見て

タイミングよく走る!



…兄弟会議してたみたいです^^;





なわに入るには、一定のリズムを感じる必要がありますよね。

この “リズム” が、遊びの中にはたくさんあると思います。



例えば

大なわでみんなと合わせて飛ぶとき、全員同じテンポでジャンプします。



わらべうたを歌うときは、調子のいいフレーズを感じながら、声をそろえて歌い動きます。





こういった遊びは知らず知らずのうちに、リズムをとらえる感覚を育てるかもしれませんね♪





私が教えているピアノも、リズムはとても大事な要素です

しっかり身につけてもらいたいので、くり返し伝えます(^^)v



でも、ただくり返すだけで は小さい子ほどすぐに飽きてしまうので、一見遊びのようなことをしながら学習していきます。

実際はリズムトレーニングを行っていますが、出し方次第で子供たちの興味をぐっと引きつけることができます。



遊んでいる気分で集中してくれているときは、「育ってるな~♪」とワクワクします





楽しいことは、集中し持続できる。

その中から得られるものは、たくさんあるんだと思います



18 : 30 : 06 | スタッフの小部屋 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
明日を待ち遠しく思う気持ち
2013 / 11 / 25 ( Mon )
「明日を待ち遠しく思う気持ち」




あこです


「Flying Angels」というマッキーの歌があります。私はこの歌が大好きです
子どもたちのことを歌っているのですが、サビの部分はこうです。


「どんな 子どもたちもみんな 何の心配もなく 空を飛ぶ天使たちのように こんな悪い寝相で 眠れますように・・・

そして 明日が来ることを 待ち遠しく思いながら 眠れますように・・・」

このフレーズがくるたび、何度聞いてもジ~ンときてしまいます


Tag活動を始めてからというもの、広場で思いっきり遊んだ日は、「あぁ今日は楽しかったな~。明日も続きがしたいな~。あの遊びもやってみたいな~。明日晴れるといいな~・・・」なんて考えながら寝ることが多くなってきました。私が、ですよ
そのせいで眠れなくなっちゃう日もたまにありますが 子どもかっ!!って思いますよね


大人の私がこんなに広場あそびを満喫しちゃっているんだから、その日広場に来てくれた子どもたちも布団の中で こんなふうに感じたりしているのかな~?
そうだったらいいなと心から思います
明日が来ることを 待ち遠しく思いながら眠る・・・・・・ ほんと素敵なことですね。
14 : 23 : 59 | スタッフの小部屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Tagメンバーま~あんです。
2013 / 11 / 20 ( Wed )
はじめまして。


Tagメンバー ま~あんです



Tag活動に共感し、楽しく参加させてもらってます。

参加できる曜日は限られていますが、少しでも力になれたら嬉しいな!

2児の母、ピアノの先生してます



うちの子は男の子

マイペースで多少ピントのずれた長男、小3。

お調子者、でも小心者の次男、年長。



男の子はとにかくパワフル

何でこんなにムダに動くんだ!?と思うくらい、止まることを知らない息子たちです



有り余る体力と旺盛な好奇心を、何に向けたらいいのか?



やっぱり遊びしかないっ



子供たちは、新しい遊びをどんどん吸収して覚えていきます。

そしてそれが楽しいと感じたら、何度も何度もくりかえし遊びます。



「遊びを通してたくさんの学びがある」



最近のTagっ子たちを見ていると、以前にも増してそう感じます。



遊びながら身につく力があるなんてサイコー



超寒がり、冷え性の私ですが

子供たちが「ママぁ~」と言ってくれているうちは、

完全防寒して付き合おうかな

13 : 40 : 52 | スタッフの小部屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Tagメンバー あこです。
2013 / 11 / 13 ( Wed )


皆さん はじめまして Tagメンバーの あこ です

小3女の子、年長男の子、1才3ヶ月女の子の母親やっています。


私はパソコンが苦手なので、ブログはあーちゃんに完全お任せ状態ですが(あーちゃん、いつもありがとう)、現場係とでもいいますか、子どもたちにあそびを伝えるため、日々広場に通っています


あそびを伝える なんていうと、ちょっと聞えがいいのですが、まぁTag活動と称して子どもたちのあそびに堂々と参加できちゃう! そう、私は単に自分があそびたいだけなんです


あそびは見ているだけでも楽しいですが、一緒に遊べばもっと楽しい!
それに、走ったり跳んだり体を動かすわけなので、何といっても体にいい


子育て真っ只中の時期は、ジムに通ったり、ゆっくりヨガをしたり、そんな時間はなかなかとれませんもんね

子どもとあそぼうダイエット! オススメです


そんな不純な動機(?)もちょっと含まれてはいますが、Tag活動! これからも楽しく続けていけたらと思っています。

皆さんも応援して下さいねー
12 : 07 : 41 | スタッフの小部屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |