いろはにほへと
2014 / 09 / 19 ( Fri )
「いろはにほへと」


なわとび遊びです。

男女問わず幼稚園~  人数:3名~

用意するものは普通の縄跳び二本

縄跳びを持つ人二人
二人は二本の縄跳びを両手に持ち合い,向き合い,縄跳びがぴんと張るくらいの間隔にはなれます。
BLOG6462.jpg

そして歌をうたいながら二人で縄跳びを色々な形にしていきます。
「いろはにほへと,上か下か真ん中か」
歌をうたい終わった形でキープ。

その間他の子はどんな形になるかは,背を向けて見ないようになります。
そして「上か下か真ん中」かを決めます。

上だったら縄跳びの一番上を縄にふれないようにジャンプ。
真ん中は,縄と縄の間を
下は一番下の縄に触れないようにくぐります。
BLOG6465.jpg
この形だと,上を選んだ子はキツイかも

縄にふれてしまったら,縄を持っている子とかわります。

チャレンジ系なので,高学年男子でも楽しめます。
縄跳びの代わりにゴムとびのゴムでも可能。そのほうが引っかかった時にダメージは少ないかもしれません。
スポンサーサイト
22 : 15 : 14 | あそび紹介( 縄跳び) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なわとびチャレンジカード
2014 / 03 / 24 ( Mon )
なわとびチャレンジカード


じゃじゃーん
BLOG5104.jpg

じゃーん
BLOG5103.jpg
じゃーん
BLOG5101.jpg


Tagなわとびチャレンジカードが今日いつもの広場でデビューしました。

ひとりなわとび基本コースから(幼稚園の子からできるような1ちょうやく1回から)
二重とび→はやぶさ→よこまわしあやとび→右→左など超難関のスーパーハイレベルコースまで。
大繩とびもあり,これも幼稚園の子からできる,一羽のカラスやゆうびんやさんもあります。

クリアしたら項目ごとにハンコを押せます
BLOG5105.jpg




今日は,完全体でない形で持っていき,そこでたまたま遊んでいたお姉ちゃん達と紙を折ったり,ホチキスでとめたり・・・。
お姉ちゃん達のおかげで完成しました。ありがとう
BLOG5108.jpg

これからこのカードはTag袋の一員に
いつでも興味を持ってくれた子ども達に配れるように持っていくつもりなので・・・。つもりです。

BLOG5107.jpg
ご自由にどうぞ



てな訳で今日の縄跳び人口はいつもより多め
BLOG5106.jpg
BLOG5100.jpg


みんなスーパーハイレベルコース制覇目指して頑張ってください
21 : 00 : 32 | あそび紹介( 縄跳び) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大繩③
2013 / 12 / 10 ( Tue )
「大繩とび」③

 くまさん

歌 

くまさん くまさん  まわれみぎ

くまさん くまさん  りょうてをついて

くまさん くまさん  かたあしあげて

くまさん くまさん  めをとじて

1回・2回・3回・・・・    


くまさんくまさんのくだりは回さずに左右にゆらゆら回します。

回れ右,両手をつく,片足あげる,めを閉じるの動作を飛びながら します。

目を閉じて🎵のあとから回して飛びます。

 くまさん くまさん まわれみぎ から めをとじてまでクリアできる子が,最初はなかなか出てきません。

すぐできないってとこが子どもは一生懸命になるんですね。

 小学生の高学年までも目を閉じて飛ぶというのは難しくて楽しめます。

聴覚やリズムに集中して飛びます。集中力はこんなとこでも鍛えられるんです。

 縄跳びのできない子は,しぐさだけをして遊べます。

この時は「くまさん くまさん」の飛ぶところは4回手をたたきます。



    
17 : 45 : 25 | あそび紹介( 縄跳び) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大縄跳び②
2013 / 12 / 04 ( Wed )
「大縄跳び」②


へびさん

まだ上手にとべない小さなお子さんさんでも縄跳びは楽しめます。

小さなお子さんにおすすめなのが

このへびさん

繩を地面から浮かさないで,ニョロニョロへびさんの様にうねらせます。

そこを繩にひかからないように

ぴょんと飛びます。

お母さんと一緒に飛んでも楽しいですね。


おおなみ こなみ

 

おおなみ こなみ で 
まーわし まーわし
さるまわし  1回・2回・・・


おおなみ こなみ で の歌詞までは回さずにゆらゆら左右にゆらします。

まーわし から普通に回していきます。

小さい子はおおなみ こなみのようにまずまわさないで,ゆらゆら左右にゆれる大繩を飛ぶだけでも楽しめます。

大人がタイミングをみて飛べる!という時に「そーれ」と回してあげてもいいです。


いちわのカラス

これは数え歌がメインとなります。

地域や年代によっても歌詞は違っていたり,数え歌は色々ありますよね。

子どもが自分で作っても楽しいです。


 

いち わの カラスが  かぁーかぁー  

に  わの にわとり  こけこっこー

さん は  さかなが  およいでる

し  は  しらがの  おじいさん

ご  は  ごりらの  むすめさん

ろく は  ろくろく  ろくろっくび

しち は  かわいい  しちごさん

はち は  はちはち  はちぶんぶん

きゅう は きゅうきゅう きゅうかんちょう

じゅう は じゅうごや おつきさま


歌に合わせてみんなでとんでも,ひとりずつ八の字でとんでも
なーんでもOKです

数え歌は縄跳びだけじゃなく,小さなお子さんが数を覚えはじめた時に一緒に歌ったり

お風呂の「あと10したらあがるよ」の代わりに
(倍以上の時間かかるか・・・

「おかたずけは10歌ううちにやろうね」  

など日々の生活を楽しくしてくれる歌だと思います。
13 : 34 : 51 | あそび紹介( 縄跳び) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
大繩とび
2013 / 12 / 03 ( Tue )
「大繩とび」①


男女3名~

大繩は大抵の100円ショップで売っています。

Tagっこ達は年少の子ども達とも一緒にする事があります。
遊び方を工夫すれば,ジャンプができるようになったくらいの小さい子どもからできるお思います。

色々な遊び方がありますので,今回①はTagっ子がよく広場でする大繩あそびを紹介します。

郵便屋さん
落としたはがきを拾うように,しゃがんで片手を伸ばし地面に手をつくような格好の飛び方になります。


ゆうびんやさん  ゆうびんやさん はがきが○枚 
落ちました  ひろーってあげましょ 一枚,二枚,三枚・・・・


数を数える前の歌詞まで(ひろーってあげましょ まで)は回さず波のように左右にゆらす回し方です。
 そこから回して,はがき拾いになります。(しゃがんでのジャンプ,結構辛い) 
 

足腰の強い子どもとそうでない子がはっきりわかります!意外な子がしっかりしゃがみジャンプが上手だったりして・・・運動神経より足腰の強さって感じです。



高学年の子ども(男子でも)でもやりがいのある姿勢というか,体力のいる姿勢なので,自分で何枚はがきがとれるか新記録を目指して遊べます。
Tagっ子は子どもがそれぞれが飛ぶ前に
「10枚いきます!」と目標枚数をいってから飛ぶのが主流になっています。



Tagっ子かえ歌バージョン
「空手家さん 瓦を一枚割りました・・・」
で瓦割りのポーズでジャンプ 


「郵便屋さん おならが○発でましたよ~」  
でおならをするようにお尻を突き出したように飛ぶ  (子どもらしい・・・おならの発想



八の字とび


一方から入って1回飛んですぐ出て,今度は反対方向に並び,そこから飛ぶというのを繰り返す,一般的な大繩の飛び方です。



これをテンポよく次々間をあけずにやっていったり,子ども達はできてくると色々レベルをアップさせていきます。



小さい子達は飛べなくても入ってすーっとぬけていく(どろぼう抜け)方法もあります。年少の子はこの方法で参加している子どももいます。


まねっこ飛び


八の字飛びの応用で,一番に飛ぶ子の飛び方をマネしてとびます。


万歳したり,キョンシー飛びをしたり,おしりを叩いて飛んだりと子ども達が色々な飛び方をそれぞれ考えてくれて楽しいです。



チャレンジジャンプ(つぐみんぞく)


みんなで一列に並び,「いっせーので」で飛び,何回飛べるかチャレンジします。



Tag別名「つぐみんぞく」
これはTagっ子つぐちゃんのとんでいる姿からきているもので,まるでどこかの民族のように,姿勢もよく一定のリズムで飛べるので,「なんか民族っぽい! つぐみんぞくだ~」と息子の言葉からはじまりました


その民族からの発想で,先頭の子どもが酋長ということで,目標回数をみんなに伝え,「いっせーので」の声かけもします。
引っかかった子どもは最後尾にまわります。酋長も引っかかれば最後尾です。




一緒に遊ぶあ母さん,お父さんへ

子どもとの関わり難易度★☆☆☆☆


縄跳びを持ってくれる人がいない場合も,遊具などどこかに結べば,自分の子どもだでも十分できます。

きっと周りの子ども達から「入れて!」といわれる事と思います。


小さいお子さんのいるお母さんも抱っこしながら回したり,たっちできるくらいのお子さんなら,お母さんの足もとにたっちしてもらって,回す事もできます。

Tagご用達広場では,このような場面で他のお母さんやおばあちゃん方が,「かわりましょうか」と声をかけてくれます。
きっとここからママ友ができる事もあるのではと思います


八の字など,回っている縄跳びに入れない子どもには
スタンバイした状態から飛ぶ練習をします。


縄跳びの真ん中くらいに地面に印(○など)をつけて

「この○の中を飛ぶんだよ,○から出ないようにね
と声をかけます。


また,縄跳びを回す大人が子どものジャンプに合わせて回してあげるのもいいと思います。


大繩
18 : 00 : 54 | あそび紹介( 縄跳び) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |