Sけん
2015 / 02 / 25 ( Wed )
「Sけん」
陣取あそびです。私たちよりちょっと上の世代の方々がよく遊んでいたあそび

BLOG8487.jpg
① 地面にSの字をかく。(Sの大きさは参加人数に合わせて調整する)
② 2チームに分かれる。それぞれの陣地に宝物(👑)を設置
③ 双方,全員が自分の陣に入り「よういはいいか」「せんとうかいし!」のかけごえでスタート
④ 陣の中は両足で歩けるが,S字の外では,ケンケンで移動しなければならない。ここで敵に出会ったらケンケン同士で「押し合い・引き合い」のケンカになるか,にげるか
⑤ とちゅうにある島では両足をつけれる。ここは安全ちたいなので島の中で敵味方が争ってはいけない
⑥ 相手チームよりはやく敵陣に乗り込んで宝物をてにした方が勝ち

※アウトになる時・・・線をふむ,線からでる,外で両足をつく
アウトになった子は外野へ移動する

※せめかた・まもりかた
自分のチームからは兵をだすようにしながら,敵兵はできるだけ敵陣からださないようにする。そのためにSの字の真ん中付近で,双方の「押し合い・引き合い」合戦がはじまります。
敵の攻撃をかわして外に出たら,半周まわって敵陣の入り口の島までたどりつき,ここで侵入するチャンスをうかがいます。

※禁止事項!
髪の毛をひっぱる,叩く,つねる,ひっかく,かむなどは禁止


BLOG8480.jpg
2チームにわけて作戦会議だ
1年生から5年生混合です。
新1年生の子はまだ入学して1か月もたってないけれど,この中に入って遊びます。

BLOG8481.jpg
リーダーの「用意はいいか!戦闘開始!」の気合いの入ったおおきな声で,みんなが「おー!」といい戦い開始です。
うちの息子がリーダーだったんですが,連日の野球部の声出しで声がかさっかさ,朝は「今日トワイ行くけど静にしとくわ」とかいってませんでした?
むっちゃ気合いはいっってるんですけど・・・

BLOG8476.jpg
アウトになった子たちは,戦闘にやぶれたので,そこを天国といい(今日子どもたちが作ったルール),まだ戦っている子っちに「天の声」といってアドバイスや応援をします

BLOG8478.jpg
この島では両足をついて休憩できます。
ここによくいる子は決まってきますね
そうわが娘

BLOG8473.jpg
勝ちたいという気持ちから色々な作戦をねる子どもたち。
息子は私の帽子をかぶり「お母さんに変装」といい審判になりすまし,「まちなさいそこ~」と私のマネをしながらの奇襲とのこと・・・・
だれがひっかかる・・・
BLOG8472.jpg
じゃあ俺は1年生に変装し油断させ奇襲する作戦だ
と息子親友・・・・
君たち5年生大丈夫か
でもそんなムードメーカーがいるから,子どもたちも私たちも大爆笑で結局7回戦まで1時間ちょっとSケンだけで盛り上がりました
戦国時代にはまっている息子にとってこの陣取りはかなりそれにリンクするらしく,次回は自分たちチームに旗をたてたい,もちろん「風林火山」らしい,もちろんと言われましても
そして甲冑を作ろう!と
がんばって・・・


BLOG8475.jpg
トワイライトの先生方も「自分たちの時はSではない陣とりだった」
「もっと激しい戦いだった」と懐かしんでお話されていました。
昔はちょと乱暴なあそびでも,子どもたちだけで成り立ち,力かげんもそこで学んで,「そんな危ないあそびやめなさい」という大人だってほとんどいなかったんですね。もまれて,痛くて,悔しくて,それでも這い上がってあそびたい!そんな気持ちになれるあそびや仲間を今の子どもたちもっと知ってほしいです。
スポンサーサイト
15 : 43 : 23 | あそび紹介(地面書き書き系) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あんたがたどこさ
2014 / 10 / 09 ( Thu )
「あんたがたどこさ」


一人でも地面にかきかきできる場所があればできます
室内でもテープなどで形をつくれば可能です。

地面に
BLOG6596.jpg

BLOG6595.jpg

BLOG6593.jpg
このような形をかきます

そしてあんたがたどこさのうたにあわせて
①だったら1ますづつ両足ジャンプですすみ,「さ」で1ます下がり(後退)ます。
②の場合は円の中のますをジャンプ
最後の歌詞「ちょとかぶせ」の「せ」で円の中心にジャンプ。
③は右下から始め,右上→左上→左下→右下の順でこれも「さ」で1ます戻ります。
最後の「せ」でこれも四角の中心にジャンプ

うた
あんたがたどこさ ひごさ
ひごどこさ
くまもとさ くまもどどこさ
せんばさ
せんばやまにはたぬきがおってさ
それをりょうしがてっぽうでうってさ
にてさ やいてさ くってさ
それをこのはでちょっとかぶせ


「にてさ」「やいてさ」「くってさ」の「さ」のトリプルゾーンが難しい
BLOG6591.jpg
ようやくステージ①クリアなるか
大人でも「さ」の部分で動くの難しいし,歌と動きを一緒にするのって難しく,脳トレにもなりそうです。
③の四角のはぜーぜーいってしまうくらい

BLOG6592.jpg
①②③のステージをクリアした子は「ケンケン」でという新な挑戦をしていました。足の筋力つきますこれは

②③はぶつからない位置で二人でやるのも楽しかったみたいでした


「あんたがたどこさ」のうたは小学校のトワイライトスクールでもやりましたが,今の子達は歌を知らない子がほとんどでした。今日の広場でもそうでした。
うたを知っとくと,「あんだがたどこさ」はまりつきの他にもお手玉あそびや,紙風船,今日やった地面かきかき系など幅広くあそべます。自分で考えるのも楽しいかもしれません
今日の地かき面カキカキ系は大人のダイエットにもなりますよ~
19 : 55 : 02 | あそび紹介(地面書き書き系) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
S
2014 / 09 / 09 ( Tue )

「Sけん」
陣取あそびです。私たちよりちょっと上の世代の方々がよく遊んでいたあそび

BLOG8487.jpg
① 地面にSの字をかく。(Sの大きさは参加人数に合わせて調整する)
② 2チームに分かれる。それぞれの陣地に宝物(👑)を設置
③ 双方,全員が自分の陣に入り「よういはいいか」「せんとうかいし!」のかけごえでスタート
④ 陣の中は両足で歩けるが,S字の外では,ケンケンで移動しなければならない。ここで敵に出会ったらケンケン同士で「押し合い・引き合い」のケンカになるか,にげるか
⑤ とちゅうにある島では両足をつけれる。ここは安全ちたいなので島の中で敵味方が争ってはいけない
⑥ 相手チームよりはやく敵陣に乗り込んで宝物をてにした方が勝ち

※アウトになる時・・・線をふむ,線からでる,外で両足をつく
アウトになった子は外野へ移動する

※せめかた・まもりかた
自分のチームからは兵をだすようにしながら,敵兵はできるだけ敵陣からださないようにする。そのためにSの字の真ん中付近で,双方の「押し合い・引き合い」合戦がはじまります。
敵の攻撃をかわして外に出たら,半周まわって敵陣の入り口の島までたどりつき,ここで侵入するチャンスをうかがいます。

※禁止事項!
髪の毛をひっぱる,叩く,つねる,ひっかく,かむなどは禁止


BLOG8480.jpg
2チームにわけて作戦会議だ
1年生から5年生混合です。
新1年生の子はまだ入学して1か月もたってないけれど,この中に入って遊びます。

BLOG8481.jpg
リーダーの「用意はいいか!戦闘開始!」の気合いの入ったおおきな声で,みんなが「おー!」といい戦い開始です。
うちの息子がリーダーだったんですが,連日の野球部の声出しで声がかさっかさ,朝は「今日トワイ行くけど静にしとくわ」とかいってませんでした?
むっちゃ気合いはいっってるんですけど・・・

BLOG8476.jpg
アウトになった子たちは,戦闘にやぶれたので,そこを天国といい(今日子どもたちが作ったルール),まだ戦っている子っちに「天の声」といってアドバイスや応援をします

BLOG8478.jpg
この島では両足をついて休憩できます。
ここによくいる子は決まってきますね
そうわが娘

BLOG8473.jpg
勝ちたいという気持ちから色々な作戦をねる子どもたち。
息子は私の帽子をかぶり「お母さんに変装」といい審判になりすまし,「まちなさいそこ~」と私のマネをしながらの奇襲とのこと・・・・
だれがひっかかる・・・
BLOG8472.jpg
じゃあ俺は1年生に変装し油断させ奇襲する作戦だ
と息子親友・・・・
君たち5年生大丈夫か
でもそんなムードメーカーがいるから,子どもたちも私たちも大爆笑で結局7回戦まで1時間ちょっとSケンだけで盛り上がりました
戦国時代にはまっている息子にとってこの陣取りはかなりそれにリンクするらしく,次回は自分たちチームに旗をたてたい,もちろん「風林火山」らしい,もちろんと言われましても
そして甲冑を作ろう!と
がんばって・・・


BLOG8475.jpg
トワイライトの先生方も「自分たちの時はSではない陣とりだった」
「もっと激しい戦いだった」と懐かしんでお話されていました。
昔はちょと乱暴なあそびでも,子どもたちだけで成り立ち,力かげんもそこで学んで,「そんな危ないあそびやめなさい」という大人だってほとんどいなかったんですね。もまれて,痛くて,悔しくて,それでも這い上がってあそびたい!そんな気持ちになれるあそびや仲間を今の子どもたちもっと知ってほしいです
16 : 25 : 05 | あそび紹介(地面書き書き系) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たんぼのた
2014 / 05 / 27 ( Tue )
「たんぼのた」


二人~ 
  対象年齢就園児~

地面に漢字のたんぼの田を書きます
たんぼ
あぜ道を人が一人通れるくらいの太さで書きます
地面かきかき
地面カキカキにはこの100均に売ってるつっぱり棒が役立ちます

鬼を一人決めます。
鬼は田んぼのあぜ道の部分しか通れません。
鬼以外の子は田んぼの4つの四角をいったりきたりと逃げます。
鬼以外の子も鬼が通れる田んぼのあぜ道は通れないので,そこは飛び越えて隣の田などに逃げます。

鬼につかまったら交代の地面カキカキ系の鬼ごっこあそびです。

ずっと1つの田んぼにとどまらず,10秒ルールで違う場所に移る方が鬼が色々な子に代わりやすく楽しめます。

たんぼのた2 たんぼのた


今日は雨上がり。
ちょうど地面が湿って,カキカキしやすい土です。
なので自然に子ども達も今日の放課後広場では地面カキカキ系
たんぼのたをしたり,ケンケンパをしたり,お絵かきしたりでした
22 : 25 : 36 | あそび紹介(地面書き書き系) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いせっせのぼーんっ!
2013 / 12 / 17 ( Tue )
「いっせっせのぼーんっ!」



 Tagっこつぐちゃん(小3)・あやちゃん(小3)・とも君(小1)が産み出した遊びです
寒い日で「おしくらまんじゅうしよう!」からどんどん発展していきました

男女2名~

お相撲とおしくらまんじゅうがミックスされたような遊びです

 まず地面9ますの正方形を書きます

ます

 じゃんけんで自分の立つますをそれぞれ決めます。

「いっせせの」で,参加してる子ども全員で,どの方向でもいいので1ますぴょんと飛びながら移動します。


移動(着地)したらすぐに「ぼーん」と言って相手にぶつかります。

ぶつかり方はおしくらまんじゅのように肩やお尻でぶつかります。
力加減が大事。



bo-nn.jpg

その時バランスを崩して大きな正方形のわくから出た子が負けです。

同じますに移動してしまったら,そこで押し合いです。

一緒に遊ぶお母さん,お父さんへ

子どもとの関わり難易度 ★☆☆☆☆

寒い日などおしくらまんじゅうだけでは物足りないときに最適です。

押しの力加減に注意します。

手でおすより,お尻や体で押す方が危なくないと思います。

子ども達は遊びながら力加減を学んでいきます。


二人だけなら2ますにして,足を動かさず,手だけの押し合い,引き合いで線からでたら負けという遊びもできます。
この二人パターンは力ではなく,バランス感覚が必要なので,幼稚園の子対小学生でもいい勝負になります。
08 : 00 : 47 | あそび紹介(地面書き書き系) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>