キャンロップ
2014 / 07 / 01 ( Tue )
「キャンロップ」 


リズムゴムとび(ごむかん)の1つです。

ゴムを足にかける子2名。ゴムを輪にして二人の足にかけ,二人は離れて対面に立ちます。遊具にかけてもいいし,1人でやる時は椅子を2脚用意して,椅子の脚にゴムをかけます。

跳ぶ子は一人でもゴムに入れば何人でもOK

BLOG5986.jpg

キャンロップの歌に合わせて跳びます。
歌は・・・
キャーン,キャーン,キャンロップ
カステラキャンディー,キャンロップ
キャーン,キャーン,キャンロップ
グリコのアイスキャンディー

これは謎多き歌
まずカステラキャンディーって
美味しそうな感じあまりしないし
他のお母さんはグリコじゃなくもりながだったとか
ネットで調べたら,サクマのドロップのCMソングだったとか,なのでサクマの~だったとか

これは地域によっても違うだろうし,口伝えならではの変化というか,退化というか・・・。
子どもの時はお姉ちゃん達がやってたのが全てで,意味などいらず・・・。

なのでネットでみても何が正解かはわからず,このあたりの子達はこれで覚えてこれを伝えていくのでしょう

このリズムとわけのわからなさがなんだか子ども達にはうけがよくて,子どもの1人が歌ってしているとみんなが何々と集まり,いつの間にかみんな真剣にノーミスでみたいな体育会系のような感じの子達も増えてきます

この謎多き歌に合わせて
スタート位置はゴムの右横に両足をそろえて。
右足だけをゴムの間2ステップ。
右足だけをゴムの外側(向こう側)2ステップ
戻ってまた右足だけゴムの間2ステップ
スタート位置で両足揃えの2ステップ
その繰り返しで,最後はスタート位置1ステップ後,右つま先を左足の後ろトンとしてポーズ

BLOG5984.jpg
女の子うけがとてもよく,複数でならんですると,ダンスのようでかわいいです
スポンサーサイト
22 : 20 : 01 | あそび紹介(ゴムとび) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
ゴムとび(基本)
2013 / 11 / 20 ( Wed )
ゴムとび(基本)
地面ケンケン(目をつぶる)
足首ケンケン
普通のジャンプ(お触れなし)
直立
(直立姿勢で手をまっすぐ下におろした位置)
普通のジャンプ(お触れあり)
女とび(後ろとび)OK
手かけあり(ゴムを片手で下げて女とびOK)
天井

(手をまっすぐ上に伸ばした位置)

※天井は側転で足をゴムに引っかけるやり方でもよい


男女2名~


100均の手芸コーナーに白い長いゴムが売っています。
輪ゴムをつなげて使用しても可能です。

ゴムを持つ人がいなくてもゴムを結んでおける物(公園の遊具や木,お家では椅子や机の脚)があれば可能です。


飛ぶ子ども達は一列に並び一人ひとり飛んでいきます。
自分の番の時にゴムを持っている子に「足首!」と飛ぶ高さを伝えます。
クリアすると次の高さに挑戦していきます。

脇から可能な女とび(後ろとび)

女とびとは半回転くらいで利き足でゴムを引っかけて飛ぶやり方です。

これはやはり距離感が難しいみたいで,どこで半回転しゴムを引っかけるかが難しいみたいです。


ジャンプができるようになった小さい子どもからできます。
ただピョンピョン飛ぶだけが楽しい時期ちょっと試してみて下さい。高くは飛べず危険度が少ない小さい子どもなら,ただの紐や縄跳びでも可能です。

一緒に遊ぶお母さんお父さんへ

子ども達との関わり難易度★☆☆☆☆

大人はひもを持つだけでもいいので,体力に自信のない方や,小さい赤ちゃんをだっこしながらでもできます。

公園などで子どもと二人でやっていても,おそらく周囲の子ども達が興味を持って「何しているの?」と子どもからよってきてくれます。

お母さんたちもゴム飛びドンピシャ世代はいてもたってもいられなく,話かけてくれることも多々あります。ママ達との交流にも効果が期待できます。

ゴムくるみ


ゴム後ろ
女とび
22 : 36 : 09 | あそび紹介(ゴムとび) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |